湿疹とは

赤ちゃんの肌トラブルで多い「湿疹」について、症状・原因・対処法をわかりやすく説明していきます。

 

●湿疹の症状

 

一口で湿疹と言いますが、症状も色々な現れ方をします。

 

ブツブツだったり、ジュクジュクだったり、カサカサや赤みを帯びたり、白い芯があったり、かゆみを伴ったり、痛みを伴ったり、など病気によっては、色・形状・広がり方などが様々です。

 

赤ちゃんは皮膚が薄く敏感ですから、肌トラブルを起こしやすいのです。

 

ですから、ちょっとしたことで湿疹になります。

 

原因のよくわからない湿疹も結構多いのです。

 

赤ちゃんに湿疹ができるとすぎ「アトピーでは?」と疑いますが、月齢が小さい場合には、まだその判断は難しく、しばらく様子を見ることが必要になります。

 

 

 

●湿疹の種類

 

湿疹にもかなり種類があり、自然治癒していくものもあります。

 

赤ちゃんに多い湿疹は以下のようなものです。

 

 

◆乳児湿疹◆

生後すぐ〜1歳くらいまでの赤ちゃんにできる湿疹の総称です。

 

カサカサ、ジュクジュク、かゆみを伴うなどいろいろパターンがあります。

 

この湿疹の多くは、1歳を過ぎたころになると自然に回復していき、どちらかというと経過を見るために名前を付けただけのようなものです。

 

赤ちゃんの肌は、大人に比べてとてもデリケートですから、ほんの些細なことでも刺激になるため炎症になるのです。

 

ですから湿疹の原因も様々で、理由がはっきりしないものもあります。

 

まずは、肌を清潔に保つことが基本です。

 

ベビーソープや低刺激性の石鹸をしっかり泡立て、泡で優しく洗いましょう。

 

その後はベビーローションやクリームでしっかり保湿をしてください。

 

洗いっぱなしでは、デリケートな肌は乾燥してしまい、肌トラブルになってしまいます。

 

◆乳児脂漏性湿疹◆

髪の生え際や眉毛、頭皮などにクリーム色をしたかさぶた状の湿疹ができ、フケのようにも見える。

 

生後すぐ〜3か月くらいの赤ちゃんにでき、痒みは伴いません。

 

低月齢の赤ちゃんは、お母さんの胎内でもらったホルモンの影響で皮脂分泌が活発になります。

 

とくに髪の生え際には皮脂腺が多くあるため、それが汚れと混ざってかさぶた状に固まります。

 

かさぶた状のものは、無理にはがさず、入浴の前にベビーオイル、ワセリン、オリーブ油などでふやかして、その後ベビーソープや低刺激の石鹸で少しずつ洗い落としてください。

 

一度では摂り切れませんから、根気強くケアしてあげてください。

 

 

◆接触皮膚炎◆

食べ物や化学物質に触れることで肌がかぶれ、炎症になったもtのです。

 

原因物質に触れた部分だけ赤くなり、ブツブツやかゆみになります。

 

アレルギーの影響も考えられる場合があります。

 

皮膚に触れたものの刺激によって起きる炎症なので、赤ちゃんだとよだれ、汗、おしっこ、食べかすなど原因は周囲にたくさんあります。

 

かぶれたところはキレイに洗い流し、炎症を抑える薬をつけてください。

 

◆新生児ニキビ◆

ニキビのような湿疹で、頬や額など皮脂分泌が多い場所にできます。

 

痒みや痛みは伴わず、生後すぐ〜3か月くらいまでの赤ちゃんによく見られます。

 

低月齢の赤ちゃんには、母親のホルモン影響が残りますので、皮脂分泌が活発です。

 

それにより、一時的にですが、肌が脂っぽくなり、余分な皮脂が毛穴に詰まることでニキビのような炎症になります。

 

余分な皮脂を取り除くため、ベビーソープや低刺激の石鹸で、肌を清潔に保ってあげてください。

 

成長に伴い、皮脂分泌は少なくなるため、スキンケアを丁寧に続ければ自然に治癒していきます。

 


このページの先頭へ戻る